三味線について

三味線の各部の名称

三味線本体(小唄用)

shamisen

shamisenNames

bunkatu
三味線は分解してケースにしまえます。

三味線の各部の呼び方

撥(ばち)

batibachi

市販されているものには、木製(カシ、ツゲ)、合成樹脂製象牙製などがあります。重さは25~45匁(1匁は3.75g)当稽古場では、女性の方には25~35匁、男性の方には35~45匁をお使いいただいております。

音緒(ねお)

neo

組み紐のような独特の結び方で作られています。この部分に、糸の端を結びます。

駒(こま)

koma2koma

糸(いと)

ito

三味線の付属品

天神ふくろ(てんじんぶくろ)

shamisen
tenjin

三味線の一番上の天神にかぶせます。割れやすい天神を保護する役目。

胴掛け(どうかけ)

shamisen
doukake

胴掛けには、いろいろな柄があります。普通、胴掛けの色と音緒の色を同色に揃えます。

仮継(かりつぎ)

tugitebunkatu

写真のように三味線を分解したとき切り口を保護するために。仮にはめておきます。

調子笛(ちょうしぶえ)

tyoushi

歌う方の音の高さを一の糸に取ります。

撥ざや(ばちざや)

sayabati

撥(バチ)の先を保護するため、使用しなし時は必ず装着しておきます。

指掛け(ゆびかけ)

yubikake

左手の親指と人差し指にかけて滑りをよくするために使います

膝ゴム(いざごむ)

gum

右膝の上に置き、胴が滑らないようにします。

三味線の扱い方

つなぐ時…

100-0011_IMG

  • ケースから三味線を取り出して仮継(かりつぎ)をはずします。
  • 下棹(しもざお)を両膝の間に立てておき、表皮を体の方へ向け左手で支える。
  • 中棹(なかざお)を右手に持ち継ぎ手の凹凸に注意して、その溝に合わせて軽く差し込む。
  • 同様に上棹(かみさお)を差込み、上棹部分を持ち、新たに瞬間的な力を加えて、全体をしっかりと差し込む。

100-0013_IMG現在作られている三味線は、棹の部分が三つか二つに分かれていて携帯に便利に出来ています。棹はつなぎ目が破損しやすいので、その取り扱いに注意しましょう。

100-0012_IMG
» 軽く差し込む

« 瞬間的な力を入れて、全体をしっかりと差し込む、これをしないと演奏中に音が狂いやくなります

糸のかけ方

音緒に結ぶとき

ito_neo

糸巻きに巻くとき (Ⅲの糸の場合)

ito_maki

糸巻きに巻くとき (Ⅱの糸の場合)

ito_l2noito

演奏時の姿勢

kamae
kamae-1kamae-2
  • 図1,2は三味線の角度と高さと位置を示したものでバチの構え方は図3になる
  • バチ先はバチ皮の真ん中くらいでひく
  • バチでひくときの角度は、3図のように糸と平行で
  • 4図のように表皮から35度~45度くらいでひく
  • 棹と胸とを平行に保つ、あまり抱き込まない事。

bachibachi_nigiri

楽譜の読み方

pdfこちらからPDFをダウンロードの上、プリントアウトして、
譜尺を切り取って下記のように三味線の棹に貼って下さい。
シールに印刷したものもありますので、ご希望の方はメール下さい。
送料込み500円でおわけいたします。


fujaku1
1は、首のところになります、4と6が継ぎ目のところになるように棹に張り付けて下さい。
fujyaku2
18が、下方の継ぎ目になります。
fujyaku3
これで、完成です